心の東京革命によるレクレーション活動の内容を徹底解説

心の東京革命の活動の一環としてレクリエーションがあります。なぜそんなことをしているのか気になっている方もいると思います。こちらではどんなレクリエーションをしているのか、どんな目的を達成しようとしているのかについて詳しく解説します。

レクリエーションといってもたくさんあるので、こちらでは特に注目される機会の多い「地域レクリエーション」についてお話します。

10月に毎年行われているもので、多くの方が参加しているのです。恒例の行事になりつつあるので、東京にお住まいの方は、すでに知っているかもしれません。

■地域レクリエーションの内容について

・運動会のようなもの

基本的に、小学校や中学校で行っている運動会に近い内容になります。大々的なものではなく、ミニサイズの運動会と言っても良いかもしれません。

しかし、参加人数はかなりになります。数百人規模になるんですよ。場合によっては1,000人を超えることも実際にあります。

【地域レクリエーションで行われる催し物の例】
・パン食い競争
・体操
・ブラスバンド
・模擬店(食べ物など)など

運動会とも述べましたが、地域のちょっとしたお祭りと言っても良いかもしれません。模擬店については、綿アメやみそコンニャクなどが出てきたこともあるのです。

子供にとっては、非日常的な空間を楽しめるので、実際に大いに楽しんだそうです。

・食事の提供もある

午前から午後までおこなわれるので、軽い食事も出てきます。おにぎりと麦茶が無料配布されたこともあります。

普段親子の食事があまりないご家庭も、この機会に一緒に食事してもらおうといったはからいになります。

■地域レクリエーションを行う意義

・地域による子供育成のため

心の東京革命では、学校や家庭以外にも地域も子どもの教育に関わらなければならない、としています。その地域に因る子供教育の一環としておこなわれているのです。

様々な催し物を通じて、子供への関わりを強めていっているわけです。ちょっとした運動会を行うのも、ルールやマナーを学ばせる一環になります。

HOME > 心の東京革命によるレクレーション活動の内容を徹底解説