フットサルも楽しめる心の東京革命の内容とは

心の東京革命では様々なイベントが実施されています。その一つにフットサルもあるのですが、実際に東京にはどれだけのクラブがあるのか、さらになぜ心の東京革命と関係有るのかについて詳しく解説します。

フットサルについては、ミニサッカーといった感じになります。長い距離を走らなくても良いので、気軽に参加できるといった意味でも注目されています。

さらに、サッカーのように広い場所を必要としないのも人気の理由の一つになります。

フットサルのチームは東京だけでなく全国にあります。全国大会も行われていたり、アイドルがチームを組んでいたりと、競技人口をドンドンと増やしているのです。日本一になれれば、世界大会へ出場することもできるんですよ。

■東京都とフットサルクラブチーム

・100クラブ以上設立されている

現在ではもっと増えていると思われますが、平成24年の9月現在で都内に109ものクラブがあるのです。いかにフットサルがブームになっているかがよくわかると思います。

ちなみにフットサルについては子供から大人まで参加できます。しかも、高齢の方も障害者の方も実際に出来るのです。だからこそこれだけの数のクラブが合って人気になっているわけです。

フットサルの楽しみ方もそれぞれで、本格的なものからボールを柔らかいものにしてだれでも楽しめるようなものまで様々です。

自分にあったプレイが出来るのも。フットサルの素晴らしいところです。

■フットサルと心の東京革命の関係性

・ルールの中で頑張る心を育てる

東京都は、ルールやマナーといったものについて非常に重きをおいています。心の東京革命でも、ルールやマナーを守れる社会を作ることを主眼にしているのです。

フットサルはスポーツです。一定のルールが有り、そのルールの上で楽しみますよね。スポーツをすれば、自然とルールを守る気持ちが生まれてくるわけです。

さらにマナーといったことも学べます。自分だけ活躍すればいいのではありません。チームが勝つためのプレースタイルにはマナーも大きく関わってくるのです。

スポーツには大きなメリットがあり、しかも誰でも楽しめるフットサルは心の東京革命に非常にマッチングしたスポーツだからこそ、深い関係性があります。

HOME > フットサルも楽しめる心の東京革命の内容とは