心の東京革命協会会長の川淵三郎の経歴とその考えについて

心の東京革命協会の会長には、あの川淵三郎さんが就いています。こちらでは、その会長である川淵三郎さんの人物像。そして、どのような方針を持っているのかについてお話します。心の東京革命のトップの考えを知ることは大切です。

心の東京革命については、都知事が音頭を取っていた時代もあります。しかし、ここ2年から3年程度は知事の交代などもあり、あまり表立った取り組みをしているとはいえません。

だからこそ、会長の川淵三郎さんの考え方を知ることが大切なのです。

■川淵三郎さんの簡単な経歴について

・サッカー選手時代

早稲田大学時代もサッカーを行い、古河電気工業株式会社でもサッカーを継続していました。

・サッカー選手引退後

そのまま古河電気工業株式会社のサッカー部の監督になります。

その後、ロサンゼルスオリンピック強化部長になりロサンゼルスオリンピック日本代表チーム監督にもなります。代表チームを率いた経験もあるのです。

さらに最も有名なのがJリーグのチェアマンに就任したことでしょう。あのJリーグフィーバーの時の理事長だったのです。

他にもワールドカップの日本招致に関わるなど活躍。現在では心の東京革命協会の会長としてご活躍です。

ちなみに平成23年6月には東京都教育委員会委員に就任するなど、教育問題にも積極的に取り組む姿勢を見せています。

■川淵三郎さんの心の東京革命に関する考えについて

・スポーツを通じてルールを知る

心の東京革命では社会のルールといったものを重視しています。その考え方は川淵三郎さんも実感しているようです。そもそも、サッカーはルールがあるからこそ成り立つスポーツです。

しかも自分勝手な考えを出してプレイしては、チームは勝てません。そういったことをしっかりと子どもたちに伝えていきたい、とのことです。

スポーツと心の東京革命は密接に結びつくものだと思います。実際に、スポーツする上で心を正しく導く、といった考え方も組み込まれているのです。

サッカーで培った考え方を子どもたちにしっかりと伝えてくれるように期待したいところです。

HOME > 心の東京革命協会会長の川淵三郎の経歴とその考えについて