空手によって心身を鍛える|心の東京革命と武道の重要性

心の東京革命については、様々な分野が協力しています。その一つに空手があります。空手道場でも、心の東京革命ができるとのことで推進されているのです。

では、なぜ空手が心の東京革命に関わっているのでしょうか。

空手というと、人それぞれ捉え方は異なると思います。身体を鍛えるために行うもの、心を鍛えるために行うもの、さらには単なる暴力といった見方まであるのです。

空手をすることによって、なぜ心の東京革命になるのかを探ってみます。

■挨拶を重んじる武道である

・心の東京革命の考えと一致する

心の東京革命でも挨拶は非常に重要とされます。そもそも、空手は師範だろうが練習生だろうが、組手を行うときには必ず礼を実施します。

空手を行う上では、偉いも偉くないもありません。たとえ、5歳と60歳の人が練習する場合であったとしても、相手を敬う気持ちがなければいけないのが武道なのです。

これは、空手だけでなく、剣道でも柔道でも同じことです。挨拶や礼節を重んじる心が武道にはあるわけです。

■厳格なルールがしっかりと有る

・顔を手で叩いてはいけない

空手には暴力的なイメージがありますが、もちろんしっかりとしたルールもあります。手で顔を叩いてはいけないのです。これは厳格に決められていることになります。

心の東京革命ではルールを非常に重んじています。社会的なルールを守る人材育成を心がけているのです。だからこそ、空手といった武道に注目しているわけです。

■様々な世代とのかかわり合いができる

・幼稚園から高齢者まで出来るのが空手である

空手の素晴らしいところは強さだけを求めないところです。型といったものもあり、何も相手を倒さなければいけないわけではありません。

自分で目標を立てて、それに向かう、といったことができるのです。

実際に、空手道以上には幅広い世代が集まります。下は幼稚園。上は60代や70代の方がいることも。多くの世代と関係を持てるのも、空手をするメリットになります。正しいコミュニケーション能力を得られるのです。

HOME > 空手によって心身を鍛える|心の東京革命と武道の重要性