心の東京革命がなぜ必要なのか|子供の現状について

東京都が推進する「心の東京革命」ですが、戦後すぐに開始されたわけでもありません。近年に入ってから行われ始めたのです。子供の現状から必要と思われたからこそ、実際に開始されているわけですが、どうして必要とされたのでしょうか。詳しく解説します

子どもの教育ですが、家庭でも難しいと思うことがあるでしょう。学校でもなかなか心まで教育するのは難しいです。

都は、このままではいけないと思い大人や地域といったものが積極的に関わった、心を成長させる取り組みを現在開始しています。では、現代の子供は実際にどのようになっているのでしょうか。

■社会の基本ルールやマナーが守れない

・一般的なルールやマナーを知らない

子供だから仕方ないと放置しておくと、将来的に困ってしまうのがその子どもたちなのです。実際に、様々なルールやマナーが我々の生活にはあります。しかし、その守り方についても知らないケースが出てきています。

・一般的なルールやマナーを知らないとどうなるのか?

良好な人間関係を築けません。分かりやすく説明すれば、ルールやマナーを知らなければ自己中心的な人間だと思われてしまうのです。

例えば、時間を決めて待ち合わせしたのに何度も平気で遅れてしまう人がいたらどうでしょうか。一緒に行動したくなくなっちゃいますよね。

・最悪のケース

知らない間に犯罪を起こしていることもあります。社会的なルールやマナーの欠如が凶悪犯罪を引き起こしかねない現状があります。近年では特に青少年の凶悪犯罪が続発しています。

■子供の現状を変えるにはどうしたらいいのか?

・家庭での教育
・学校での教育
・地域での教育

どれか一つに頼りきっても行けません。3つがバランスよく子供に対して関わっていかなければならないのです。

学校に対する期待をかけているご家庭も多いかもしれませんが、親もしっかりと関わってください。

特に大きな問題が地域です。最近では隣に誰が住んでいるのかもわからない時代です。地域的に教育していかなければならない、といった考え方を推進していく必要があります。

HOME > 心の東京革命がなぜ必要なのか|子供の現状について